大密林とハミ毛には厳しい視線 
「温帯にあるジャングル」と揶揄される日本女性のアンダーヘアも、近ごろはだいぶ様子が変わってきたようです。
カットやをするしないは主の判断ですが、ショーツから大胆にはみだす剛毛や、鬱蒼としすぎたヘアーの見ためは、お世辞にも美しいとはいえません。アンダーヘアは、臭いを拡散するツールとしても機能します。ニオイが気になる女性は、短くしておきましょう。




処理派の女性はいまや半数 

マイナビウーマンのアンケートでは、日本の女性の4割がアンダーヘアのお手入れをしています。ほかの調査でも、おおむね半数に近い数値が出ているので、ふたりにひとりがお手入れを実践していることになります。

同じく男性を対象にした調査では、67.5%の男性が「女性はアンダーヘアの処理をしてほしい」と回答していました。エチケットの問題、ボーボーは萎える、ハミ毛はどん引きというコメトがおおく、身だしなみの観点から厳しい視線が投げかけられています。ズボラやだらしなさを連想させない程度のお手入れは、必須といえそうです。

手をつけない派の3大理由 

面倒くさい、サロンでVIO脱毛なんて恥ずかしい、やり方がわからないそれぞれの理由に、うんうんと頷いてしまいます。最初の理由はやや論外。2番めは激しく同意。産婦人科の健診ですら憂鬱なのに、大金をはらって人前で晒したくない、と思うのは女性の共通したホンネではないでしょうか。やり方がわからないのでやらない理由も、ごもっともです。

ただし、人にやらせないなら自分でやらなくては何事もすすみません。放置に徹して、いざ下着姿をあらわにするとき大後悔はしたくないもの。ハミ毛とボーボーの問題だけは、早めに解決しておきましょう。デリケートゾーンが臭うひとは(脱いだ下着を嗅ぐ、入浴前に前屈して鼻を近づければわかります)全体を短めにカットするとニオイ対策につながります。

やってみれば意外にカンタン 


Vライントリマー


大量にスピーディにカットできるのが嬉しいVライントリマーです。毛先の断面が丸くカットされるのでチクチクしません。ハサミで切りながら長さを揃えるのは難しいのですが、トリマーなら不器用な人でも安心です。アンダーヘアの長さは、2.3センチにととのえるのが人気。太くて固い毛質の人が短く切りすぎると立ちあがってしまうので、最初は少しずつカットするのがオススメです。

詳しい使い方はこちら


ブラジリアンワックス初心者キット


Iライン(うち股の足のつけね根ゾーン)は、カットが難しいところです。最初にトリマーで短くして、自宅でできるブラジリアンワックスを塗ってベリっと剥がせばお金もかからないし、剃るより仕上がりがずっと綺麗です。
女性器にちかい粘膜の部分はスルーして、外側やお尻ホールのまわりに使いましょう。植物成分が中心の国産品ですが、たまに荒れるひともいるので敏感肌の人にはおすすめしません。ブラジリアンワックスは痛いというイメージがあります。このワックスは、あまり痛くないので我慢しなくて大丈夫です。
アンダーヘアのカットだけなら心配はありませんが、カミソリで剃ったりワックスやクリームで脱毛したあとに、ヒリヒリしたり痒みを感じるときは、デリケートゾーン専用石鹸やぬるま湯洗いにとどめましょう。掻いたりせずに、フェミニーナ軟膏など、デリケートゾーンに使える製品でケアしてくださいね。