美女の足が臭うわけがない 
と思われがちですが、現実にはそのへんのオジサンより、美女の足のほうが臭いのです。

スプリンクラーのように汗をかくオジサンの足は、たしかに臭います。隣のキレイなお姉さまの足が、それ以上に臭い理由を考えてみましょう。




足の裏は大汗っかき

足の裏には、エクリン腺という汗腺がびっしり存在します。背中や胸の約5倍、10円玉くらいの面積に500ほどもあるといいます。汗腺を赤ペンで色つけしたら、足の裏は真っ赤に染まるはずです。エクリン腺から出る汗はほとんどが水分で、無色無臭ですが、有機物もまじっています。雑菌を集めるのがこの有機物です。
運動するでもなくダラダラ一日過ごしても、両方の足裏でマグカップ一杯分くらい汗をかきます。足の裏は大汗っかきです。カラダの部位でいちばん汗をかくのはオデコですが、足の裏は銀メダルです。

女性の足のほうが臭う理由

ストッキングで蒸れること、全体にピタっと密着したデザインの靴が多いこと、そして血行が悪いので角質がたまるため。この3点が、女性の足を臭くする犯人です。
足の裏はサンダルや靴にいつも密着しているので、汗が乾くタイミングがありません。皮膚の常駐菌が汗の有機物を分解すると、臭いの元凶である脂肪酸が発生します。雑菌たちにとって足の裏はこのうえない天国です。暖かいし汗でジメジメして過ごしやすく、角質からアカが剥がれおちるので、大好物のエサに不自由しません。
エサに恵まれた環境で、雑菌たちは繁殖をくりかえします。増えた雑菌がこぞって汗を分解するので、ニオイの原因になる脂肪酸はどんどん増えていきます。こうして、あなたの足はますます臭くなっていくのです。
ストッキングで蒸れた内部をパンプスがしっかり包む女性の足は、帰宅して玄関で靴を脱ぐときには雑菌まつりになっています。玄関で靴を脱ぐさい、パンプスからこの世のものとは思えない悪臭が漂うのは、こうした原因があるのです。
また、男性にくらべ筋肉量が少ない女性は血行が悪くなりがちで、お肌の新陳代謝がうまく進まない人がたくさんいます。俗に言う「冷え性」です。冷え性によりターンオーバーが阻まれると、エサになる古い角質が蓄積され、ますます雑菌をふやす悪循環がうまれます。

足の臭いを消す方法

ミョウバン水で消臭

ミョウバン水の作り方
スーパーマーケットで袋入り焼ミョウバンを買ってきます。100g入で250円くらいです。
350mlのペットボトルに、水を8分目まで注ぎミョウバンを20g入れて、シャカシャカします。ひと晩冷蔵庫で寝かせると、透明なミョウバン水ができあがりです。使うときは、水で10倍に希釈します。

足の裏にスプレーするのもよし、化粧パフに吸わせてペタペタ塗っても構いません。お金をかけずに、足の臭いをかなり防げます。

カンタンに足を消臭

備長竹炭のパワーで、あなたの足を消臭します。臭わない秘密は、インソールに練りこんだ竹炭です。内部の湿気や雑菌を吸着して、パンプスの内側がサラサラで臭いがしません。ときどき天日に干すだけで、半永久的に使えます。
パンプスに中敷きするだけで、ジメジメや雑菌フリーの環境をつくります。竹炭が臭いの原因を吸収するので、あなたが何もしなくても、バッチリ消臭します。

汗をとめてニオイに決別

汗をとめれば、臭いはとまります。立ち仕事をするあなたのパンプスの内側は、汗でじめっとして雑菌がたくさんいます。湿ってなければ菌はわかず、いつでもサラサラでニオイもしません
足汗に悩む代表女性は、パンプスを履いて動きまわるデパガさんやバスガイドさんです。彼女たちが愛用するのは、デトランスαです。
足の裏にぬっておくと、3日から5日間も汗がとまります。足の臭いが消えてしまいます。。
パンプスを履いて働く女性たちでも、これを塗れば蒸れないし臭いません。足のニオイを解決した女性たちの、イチオシ臭い対策アイテムがこちらです。

足の臭いが強烈なときは

  • ブーツの臭い
  • 中敷きが使えないサンダル
  • 夏場のパンプス

こんなときは、グランズレメディに助けを求めましょう。いつでもどこでも靴が脱げるようになりますよ。

グランズレメディは安全靴の臭いまで消せる最強アイテム