お金をかけずに臭いが消せる 

そんな大助かりのプチプラケアが、重曹やミョウバンを使った足の消臭です。方法も簡単だし、両方とも100円くらいで買えるため、多くの女性が実践しています。どちらか使うだけなら良いのですが、一挙両得を狙うと、予期せぬ落とし穴にハマってしまうんです。


人間のサガは罪つくり 

「大きめの洗面器にお湯をはって、10分間足湯する」。重曹でもミョウバンでも、足湯でケアをします。重曹は、洗面器のお湯に大さじ一杯とかすだけ。ミョウバンは、ミョウバン水を前日までに用意して、洗面器のお湯にまぜます。洗面器に足を浸けるだけで臭いが抑えられ、血行もよくなるので、女性にはもってこいの方法です。

両方とも効くのなら、一緒にまぜて効果をあげたくなるのが、人間のサガというものです。でもそれをやると、その時点で終了。せっかくのプチプラケアが、水の泡になってしまうのです。

混ぜてはいけない理由 

重曹とミョウバンの消臭パワーの鍵は、中和にあります。汗に雑菌がわいて、足を納豆くさくする酸性のイソ吉草酸を中和するのが、アルカリ性の重曹です。一方で、汗にまじるアルカリ性のアンモニアを中和してくれるのが、酸性のミョウバンです。

わたしたちを悩ませる足の臭いの大半は、イソ吉草酸が原因のニオイです。帰宅して靴をぬいだとたんにキョーレツな納豆臭が飛んでくる人は、重曹を使った足湯がおすすめです。重曹のアルカリが中和して、臭いを消してくれます。

足からオシッコの臭い人がする人は、ミョウバン水の足湯が適しています。アンモニアはアルカリ性なので、ミョウバンが臭いを中和してくれます。ミョウバンには殺菌力もあることがわかっています。

酸性+アルカリ性=中性 小学校の理科で勉強しました。重曹とミョウバンを混ぜてしまうと、その時点でお湯が中和されてしまいます。さあ消臭!と足を浸したそのお湯は、パワーが無くなった残念なお湯になりさがっているのです。どうか欲をださずに、どちらかだけを使って足湯をしてくださいね。

足湯のあとは臭いの確認 

足湯が終わったら、今度は臭いの確認です。本当に消臭できたのかどうかを確認して、効果がなければ、明日からは別のケア方法を探さなければなりません。

誰かの鼻先に足をつきつけて嗅いでもらうとよいのですが、羞恥心に邪魔されたり嗅いでくれる人がいなかったりする場合は、自分でチェックします。まずは、こんなポーズでやってみます。

「出来ないっちゅうに・・」と嘆くあなたには、ストレッチも必要ですね(汗 私も出来ませんでした。ごろんと寝転がって足を鼻に近づけたり、座って足を持ちあげたり、いろいろなポーズを試しましたが、自分の足裏の臭いを嗅ぐのは、至難の技だと悟りました。