本人だけが気づかない 
加齢臭とはひと味ちがう「ミドル脂臭」は、加齢臭の100倍の拡散力をもつ強烈な体臭です。30代40代の働きざかり、職場のエンジンが臭いの発生元ですが、周囲をエンストさせるくらい体臭がキツい人もいます。
嗅覚疲労のせいで、本人は自分の体臭に気づきません。恐ろしいことに、ポッチャリさんの女性から同じ臭いを嗅ぎとることが・・・




ミドル脂臭ってなに?

30代から50代のミドル世代に特有の体臭です。もっともキツイのは40代の男性です。ヘアケア製品でお馴染みの会社マンダムが、原因成分ジアセチルを発見し、名付け親になりました。

汗のなかの乳酸が皮膚の表面でぶどう球菌に分解されると、ジアセチルという物質が生まれます。皮脂からでる中鎖脂肪酸がジアセチルと合体すると、何とも形容し難い、古い油のようなキョーレツな臭いが発生します。

ミドル脂臭は女性にもある

ミドル脂臭は、男性に多い体臭です。皮脂の量が女性よりもずっと多いことが原因です。キョーレツににおうミドル脂臭男性と同席したときは、刺激に反応して涙が止まりませんでした。とり繕ったけどバレたかもしれません。

ひとたび臭いはじめると、惨劇の舞台は広範囲におよびます。ミドル脂臭の拡散力は、あらゆる種類の体臭の中でも群を抜いています。
「女性にもミドル脂臭はある」と断言するのは、管理人の鼻腔です。太った知人女性から発散されるニオイは、ひとことで言えば、古い油と生臭い獣のような混合臭です。ミドル脂臭は均一ではないようです。皮脂や汗の成分、その人に固有の臭いがまざりあって、バリュエーションが広がります。30代40代の肥満女性は、このニオイを発しやすいといいます。

BMIが25以上がおデブさん

CASIOのサイトのBMI計算ツールで、今すぐ判定してみましょう。
リンク先で身長と体重を入力して「計算」をクリックするだけです。出てきた数字が25以上のあなたは、問答無用で肥満です。BMIが25以上で、枕を嗅くとヘンな臭いがするひとは、ここから始まるおどかしを、ぜひご一読ください。
カラダにたっぷり脂肪がたまると、でてくる脂の量もふえます。この皮脂が酸化し、雑菌に分解されるとイヤな臭いの完成です。この臭いはカラダの内側と外側で予防しなくてはなりません。

ミドル世代の太った女性を襲う残酷な真実

三十路をすぎたふくよかな女性には、臭うひとの要素がパーフェクトにそろっています

太めの女性が臭いやすいのは、なんといってもその体型が原因です。たっぷりついた脂肪が断熱材になり、カラダに熱がこもります。これが汗の温床です。運動で汗腺を鍛えていないので、汗のミネラル分は濃厚です。雑菌が集まるご馳走のようなものです。
太った人は、カラダを動かすとすぐに息があがります。呼吸でとりこむ酸素の量が少ないあかしです。とりこむ酸素が少なければ、体内で多くの乳酸が生まれます。ミドル脂臭を発生させる素になるのが、この乳酸です。

人が肉襦袢のような脂肪をためこむ背景には、食べる量もさることながら、肉類や油もの甘いものが大好きという食生活があります。ここに拍車をかけるのが、スポーツとは縁のないライフスタイル。これで脂肪がふえて、皮下脂肪や内臓脂肪がますますぶ厚くなっていきます。




>

肥満は皮脂の分泌量を増やします。皮脂の成分もこってり濃厚で、栄養満点に違いありません。雑菌が喜んで分解作業に精をだすことでしょう。
不幸なことに、皮脂が毛穴に詰まって固まることもよくあります。出口をふさがれ立ち往生する皮脂は、カラダの内側で酸化します。こうなると、臭いは止まりません。
若ければ、女性ホルモンが酸化を防いでくれます。ところが、30代は女性ホルモンの曲がり角。女性ホルモンが減ることで、酸化のスピードがアップする悲しき年代なのです。

対策は抗酸化・脂肪をへらす・汗腺トレーニング・血行改善・薬用石鹸の4つ 

脂肪をへらす

食べ物を口にするときは、どうか腹八分と念じてください。肉類はへらしたほうが良いですが、たんぱく質は大切です。鳥肉やお魚中心に、そしてこってりメニューはサッパリ系へシフトさせましょう。甘いものもほどほどにお願いします。

抗酸化

抗酸化を意識すると、ニオイだけでなくキレイや健康にも良いことがあります。肌の透明感やプルプル感も変わってくるし、成人病の予防にもつながります。

抗酸化は難しいことではありません。ジュースのかわりに緑茶をたくさんのんで、ビタミンCやビタミンAがたっぷりの、柑橘類や野菜、ビタミンEが豊富なアーモンドやアボカドを食べましょう。豆腐や納豆などイソフラボン食品も、忘れずにおかずのひと品にくわえます。
ミドル脂臭は、酸化した皮脂をバクテリアが分解することで発生します。カラダの脂を酸化させないために、一番よいのはモリンガを食べることです。同級生より見ためが老けていたり、ニオイが気になっているひとは、
▶抗酸化ならモリンガが最強を読んでくださいね。

汗をたくさん流す

スポーツとは縁がなくて、なかなか汗をかかないひとは、休眠中の汗腺をよみがえらせると良いことだらけです。汗がサラサラになればなるほど、体臭リスクが低くなります。

汗腺トレーニングは、半身浴や岩盤浴、サウナに入るだけでも立派にできます。いい香りの入浴剤に癒やされながらの半身浴は、ストレスを癒やし血行も良くしてくれます。
岩盤浴やサウナもスッキリ気分転換になるし、なにしろ休眠している汗腺が目をさましてくれますよ。

血行改善

血行がよくなると、乳酸が増えなくなります。そもそも乳酸がなければ、ミドル脂臭はうまれません。シャワーだけの生活をやめて、お風呂にゆっくり浸かるだけでも血行はよくなります。

お風呂あがりに指先に冷水をかければ、血液が指の先まで流れます。肩こりや腰痛予防にもなるし、血行によいことは積極的にとりいれて。おデブさん脱却の一歩を踏み出しましょう。
つきつめれば、カラダの内側からの予防が一番大切ですよね。いい匂いもキレイも健康も、すべてカラダのなかが発祥地。
今日からいいニオイを目指しましょう。

薬用石鹸に変えましょう

上の4つを実践して皮脂の量をへらせたら、カラダの外側でがんばる原因菌をやっつけます。普通の石鹸よりも薬用ソープの力を借りるほうが、ずっと安心です。

コスパと評判のよい石鹸をつかって原因菌をよせつけなければ、あなたはもう臭いません。
女性が使えるミドル臭や加齢臭予防のソープ
▶「マジックソープ」のティーツリーでカラダの外側でも消臭

小さな積み重ねで脂肪をへらす

5つの対策のひとつひとつは、小さなものです。毎日5キロ走ったり、縄とびを1000回跳んだりはなかなか出来ません。それができればポッチャリさんはいませんよね。

小さなことでも続けていけば、少しずつ効果がでてきます。気分が変わってくれば、カラダを動かしたくなったりするものです。そうなれば、もっともっとキレイな女性に変身できますね。