お肌の表面で消臭 
皮脂の分泌が多いと、お肌がすぐにベトつきます。酸化した脂がバクテリアに分解されると、古くなった油のような臭いがします。

ミドル脂臭や加齢臭が気になるひと、汗のベタつきが不快なひとに手渡したいのが、ドクターブロナーのマジックソープです。シリーズ8種類のなかで、体臭消しにはティーツリーが最強です。脱脂力と殺菌力がハンパないので、洗いあがりがスッキリして臭いもなくなります。

豪州で医薬品認定のティーツリーオイル

 【ティーツリー】
      

ティーツリーオイルは、フトモモから採る精油です。抗菌・殺菌力が素晴らしく、原産国のオーストラリアでは医薬品に認定されています。皮膚炎や水虫にヘルペス、真菌の治療や膣炎にも処方されるほどなんですよ。
管理人が通っていた幼稚園では、お昼寝タイムにこの精油をアロマ活用したところ、風邪やインフルで休む子が減ったと自治体から表彰されました。
あなたの皮脂にくらいついて困った臭いを発生させる、黄色ブドウ球菌を駆逐するだけでなく、黒カビ菌・大腸菌・緑膿菌も殺菌します。

マジックソープ ティーツリー は、お肌の表にでてきた皮脂をとりのぞいて、体臭の原因菌を追っぱらってくれるので、臭わない時間がずっと長くなるというわけです。




100%オーガニックなのにパワフル 

マジックソープの原料はココナッツ油、パーム油、オリーブオイル、ヘンプ油、ホホバオイルです。ここにクエン酸とビタミンE、水を加えて製造します。香りづけにも、100%天然の香料を使います。界面活性剤や保存料・着色料などの合成添加物フリーなので、人体に優しく環境を汚染することもありません。中世からつづく伝統的な製法でつくられた、石鹸です。

ハリウッド女優のサンドラ・ブロックやオーガニック狂のグウィネス・パルトロー、大スターのエミネムもマジックソープの愛用者です。エミネムにいたっては、歯磨きや住まいの掃除にもマジックソープを使うほど気に入っています。
マジックソープは頭のてっぺんから爪先まで、どこでも洗えます。カラダ以外にも、掃除や衣類の洗濯、ペットシャンプーにも使えるし、料理のさいに野菜や果物を洗うこともできます。ひとつあれば、18の幅ひろい用途に利用できるのが凄いところですね。

マジックソープの便利な使い方

ド~ンと大きなボトルに詰められたマジックソープは、原液ではつかいません。そのへんに売っている詰替えボトルを買ってきて、水道水3~5:ソープ1のお好みで希釈してつかいます。

女性にありがたいのは、お化粧したままパシャパシャ洗顔できるところです。わざわざクレンジングでメイク落とししなくても、マスカラまできれいに落ちます。おでこについたヘアカラーの染料や日焼けどめクリームも、楽にとれます。
マジックソープに感動するのは、出張や旅行のときです。小さなボトルに詰めて1本携行すれば、全身洗えるだけでなく、洗濯や食器洗いまでできます。あれこれ持っていかなくて良くなるので、荷物が今よりコンパクト。災害に備えた緊急用のリュックサックに入れておくと、避難先でも大助かりです。

マジックソープの良いところイマイチなところ 

こちらの マジックソープ ティーツリー  の容量は944mlです。水で3倍から5倍に希釈して使うので、コスパは抜群です。

どのシリーズもお肌と毛穴の脱脂力は頼もしく、サッパリ洗いあがります。保湿因子まではとらないので、つっぱったりバサバサしません。バリバリの乾燥肌のひとは水で5倍くらいに薄めるか、ベビーマイルドを選ぶとよさそうです。
ティーツリーの香りは、アロマ精油の香りを期待すると少しガッカリします。こちらは、森林系のヒノキに薬品をまぜたようなニオイがします。香りで人気なのはラベンダーやサンダルウッドですが、あえて香りイマイチのティーツリーを押すのは、やっぱり殺菌・抗菌パワーが素晴らしいからです。
個人的体験では、シャンプーに使ったのは失敗でした。頭皮はすっきりしても、髪はパサパサになりました(TT)また、歯磨きに使う勇気はまだありません。

夏場のうだるような暑さのときは、マジックソープ【ペパーミント】が飛ぶように売れます。風呂からあがったあとのスースー感は、SeaBreazeを余裕で超える爽快さ。

「猛暑日でも冷んやり」マジックソープのペパーミントで暑さ対策