アラフォーでもう加齢臭? 
「見ためは実年齢マイナス◯才」をキープする女性が増えています。魔法で年齢を止めたかのように、いつまでも美しく華がある女性たち。

そんな女性たちにも、カラダの内側ではエイジングが静かに進行しています。この変化が、臭いとして表に出てくるのが加齢臭です。


お婆ちゃんみたいな臭いがする理由 

「加齢臭の原因はノネナールという臭い物質にある」と突きとめたのは資生堂です。ノネナールは、年をとったら誰にでもポンと出てくる物質ではありません。4つのファクターが組み合わされて、誕生します。9-ヘキサデセン酸 黄色ブドウ球菌 過酸化脂質そして活性酸素、が、ノネナールを生む4つの要因です。

9-ヘキサデセン酸は、皮脂にふくまれる成分です。過酸化脂質とは、カラダのなかの中性脂肪やコレステロールなどの脂が酸化したものです。この2つが結びつき黄色ブドウ球菌に分解されると、ノネナールが生まれます。皮脂が酸化しなければノネナールは発生せずにすむのですが、アラフォー世代になると、酸化アラームがチカチカ点滅を始めるのです。

若いころとは違い抗酸化パワーが衰えるアラフォー女性は、活性酸素にやられ始める年代です。そのいっぽうで皮脂の分泌は右肩あがりで増加するお年頃でもあります。たっぷり湧いてくる皮脂が酸化しノネナールが大量発生するために、哀しいニオイを漂わせるひとが増えてきます。



40歳を待たずに減りはじめる女性ホルモン 

女性ホルモンの分泌量と年齢の関係を、グラフにしたものです。初潮と閉経の中央値は12歳と50歳なのですが、30代後半にさしかかると、女性ホルモンの分泌量は、急坂を転がりおちるように減っていきます。女性のカラダを酸化から守ってくれるのは、女性ホルモンです。エイジングで女性ホルモンが減少していくと、皮脂が酸化するスピードが早くなり、ノネナールの発生機会も多くなります。

 加齢臭をまといやすいのはどんな女性? 

同じ世代でも、臭う人と臭わない人がいます。加齢臭がでやすい女性とは、ノネナールを発生させる4つのファクターを、無意識に後押ししているような女性です。

こってりした食べ物や甘いものに目がなく、せっせと中性脂肪の貯金をしているようなひと。皮脂が多めでベトつきやテカリが気になって、アブラとり紙が手放せないひと。運動や汗をかく機会がとぼしく、そのため毛穴が詰まりがちなひと。お酒やタバコに夜更かしが大好き。モーレツに仕事をし睡眠時間が短く、ストレスが多い女性。

複数項目にあてはまるようなアラフォー女性は、まくらや脱いだシャツの襟首を嗅いでみてくださいね。いつもと違うニオイに気づいたら、抗酸化パワーが弱くなってきたことを自覚しましょう。そのまま放っておくと、イケてる外見とは裏腹に、カメムシや古本の臭いを放つ、痛い美魔女になってしまうかもしれません。

加齢臭対策のソープでゴシゴシ洗うのも良いでしょう。衣類用の消臭スプレーも効きます。それよもり大切なことは、カラダの内側から消臭することです。女性ホルモンに冷たくされる年代は、自分で抗酸化パワーをつけなければいけない年代です。

美魔女も愛用「モリンガ」のアンチエイジングの効能とは