朝シャンなしでも怖くない 
夜シャンプーして、一夜あけたら朝シャンというサイクルは、明らかに洗いすぎ。髪にとっても地肌にとっても、あまり良くはありません。

わかっちゃいるけど・・頭の臭いが気になるひとは、ついつい洗ってしまうんですよね。この永遠の問題をドライシャンプーで解決する女性が増えてきています。





ドライシャンプーとは 
アウトドアでお風呂やシャワーが使えないとき、風邪をひいて入浴をひかえたとき、または災害に見舞われてシャンプーできないときに、ドライシャンプーがあると大助かりです。
ドライシャンプーって、「液体やジェルのシャンプーを髪になでつけて、馴染ませたらタオルでふきとるやつでしょ」「頭ぜんたいがスッキリするする」と、こんなイメージが脳内に再生されたのではないでしょうか。
頭の臭い対策のドライシャンプー法はひと味ちがいます 
使うのはベビーパウダー、所要時間はわずか10分
J&Jの ベビーパウダーでなくとも、特にかまいません。コーンスターチが原料の一般的なものを用意します。
1.丁寧にブラッシングして、髪についたホコリや汚れを落とす
2.小さじ一杯分のパウダーを手のひらに載せ、指で頭皮にのばす
3.まんべんなく馴染ませ数分まってから、ブラッシングでパウダーを落とす
この手順をふむだけで頭皮の脂がとれて臭いがおさまり、髪がサラサラになります。コーンスターチは、とうもろこしが原料のデンプンです。油を吸い水分を調整する性質があるので、眠っているあいだに分泌された皮脂と、余分な水気を吸収してくれるのです。

シャンプーしてひと晩たてば、もう頭皮や髪のベタつきが気になる。日中におわせないために、出かける前に準備しておきたい。そんな女性たちが、この方法を活用しています。ベビーパウダーの無垢な甘い香りがしばらく残るので、好きなひとは癖になりそうです。

ベビーパウダーの香りは避けたいひとには 

スキューズミーロータスフラワー
   
パウダー配合のスプレー式です。頭皮と髪のべたつきが一番とれると、口コミ評価も高いドライシャンプーです。香りはホワイトムスクとロータスフラワーの2種類あって、ロータスフラワーは個人的にはイマイチでした。ムスクは苦手なので試していませんが、男性用でもユニセックスでも使えそうですね。

香りで選びたいひとなら、ラッシュのドライミー!が、よさそうです。グレープフルーツとライムの柑橘系のいい香りですよ。

ドライシャンプーの活用で頭皮のコンディションがよくなり、美髪になったと実践する美女がたくさんいます。宣教師のようにメリットを布教しているセレーナ・ゴメスを筆頭に、ミランダ・カーやケイティ・ペリー、ジェシカ・アルバもドライシャンプー派です。