塗っても汗でとれちゃう 

ケアした直後は臭わないのに、しばらくするともう大変。汗のせいで、短時間でイヤな臭いが戻ってきてしまいます。腋の汗に悩む人には、重大なこの問題。そんな人達に選ばれているのが、海外生まれのデオドラント商品です。シャツの汗ジミや黄ばみ対策にもつながる、人気の高いアイテムを集めてみました。


欧米の人はざっくり8割がワキガ体質

海外を旅するあなた。窓のないバスや熱気ムンムンのクラブへ足を踏みいれた瞬間、強烈なニオイの洗礼をうけることになります。周囲の人は、アッケラカンとしているように見えるのは、ワキガ比率が高いからでしょうか。そんな人びとが腋臭対策につかうクリームやパウダーは、汗に強く持続時間が長いという特長があります。マイナスポイントは、刺激が強めなこと。最初はチクチクした、痒くなったという報告もあります。カブレや異常がでたら、あなたには合ってません。そこで使用をストップしてくださいね。



持続性を求める女性に人気のラヴィリン

イスラエル産のクリームで、一週間持続する薬用クリームと謳っています。実際の使用感では3.4日という報告が多いようです。ほかの海外発の製品にくらべて刺激やカユミの問題が少ない理由は、ラヴィリンの主成分にあるようです。

門外不出の厳選ハーブエキスを肌に浸透させて、ニオイの原因菌をおさえます。塩化アルミニウムフリー。クリーム自体にニオイがあり、例えるなら、中近東のハーブティーを連想させる独特な芳香です。この臭いに抵抗がなければ、使いやすそうです。


デンマーク生まれの本気のロールオン

ワキの臭いと汗ジミに悩む女性に人気に求められています。不思議と汗がです、ワキ汗でパッドがすぐに湿ってしまう夏場などは、とくに重宝しそうです。塩化アルミニウムが汗腺に蓋をしてバクテリアを殺菌し、アルコールが肌をひき締めるため、発汗量が少なくなります。

敏感肌タイプの人や、塩化アルミニウムと相性が悪い人は、かゆくなることがあります。持続性は3日くらい。女性より汗の量が多い男性にも、人気が高いデオドラント製品です。


使うごとに持続性が高まる英国発のケア製品

お風呂からあがって寝る前にワキにぬったあと、ドライヤーで1分乾かします。朝が来たら一度洗い流すことで、カユミを予防します。こちらも最初は3日程度の持続力です。アポクリン腺から出る汗に含まれたタンパク質と、塩化アルミニウムが結合して汗をとめます。

続けていくと、週イチや10日イチのケアで間にあうようになるのだとか。肌が敏感な人は刺激やカユミを感じることがありますが、多汗の人には大助かりのアイテムです。



米国産シークレットは驚きのコスパ

幼い頃にお母さんがハタいてくれた、パウダーの香りがします。お値段以上の実力といわれ、汗をかくスポーツの際にも愛用されています。主要成分は塩化アルミニウムより少し弱めの、トリクロロハイドレックスグリシン(AL/ジルコニウム)という独自成分。

敏感肌用に、クリニカルストレングスというタイプも用意されています。普通の石鹸で洗っても、シークレットは落ちていません。綺麗サッパリ洗い落としたいときは、まずクレンジングオイルを使いましょう。


海外発のデオドラント製品には、殺菌力の高い塩化アルミニウムがよく使われます。体内に蓄積されると、アルツハイマー症を引きおこす可能性を指摘された成分です。皮膚から吸収される可能性はきわめて低いという考え方が主流ですが、心配なひとは、君子危うきに近寄らずというスタンスもありだと思います。