香りはあなたの味方 
こころが折れてしまったときや不安に押しつぶされそうなとき、目には見えずとも、いろんなものが私たちを支えてくれています。香りもそのひとつです。
気持ちが沈むとき、香りは私たちに寄り添って知らないうちに元気を注入してくれます。落ちこんだときは、香りに身をゆだねて、思いっきり慰めてもらいましょう。




へこんだときはバニラやレモンの香り

悩みがあると、私たちの心はそこから動こうとしません。同じところを堂々めぐりして、意味のない時間だけが過ぎていきます。

香りの心理効果を科学的に検証するアロマコロジーは、バニラレモンの匂いが、わたしたちの不安を和らげてくれることをつきとめました。
静かな場所にゴロンと横たわって、バニラの甘い香りやレモンの爽やかなニオイを嗅ぐだけで、全然ちがってくるんですよ。

甘く寄り添うバニラの香り

バニラの成分のバニリンが放つ甘い香りは、心に巣食ったマイナスの感情や焦燥感を取りのぞいてくれます。かたくこわばった、あなたの緊張をときほぐしてくれます。

バニラは気づかないうちに、あなたを安らかで幸福な気分につつみこんで、気持ちを前向きにしてくれるのです。かたくなに抵抗して悲しみにしがみついても、嗅覚から脳に働きかけるバニラの甘い癒やしには勝てません。意地をはらず肩の力をぬいて、バニラの優しさに身をあずけてください。

ジルスチュアートのバニララスト

Jill Stuart Vanilla Lust

落ちこんでイジイジするときは、シーツにVanilla Lustの香りを噴きつけて、ゴロンとしましょう。焙煎したナッツを砂糖でくるんだキャラメルの甘くて濃い芳香があなたをつつみます。

しばらくするとその香りは、フローラルに変わります。癒やしのジャスミンやフリージア、ピーチの優しい香りです。ラストノートは真打ちのピュアバニラ。サンダルウッドとムスクがちょっぴり顔をだしながら、あなたの心をほぐしてくれます。
バニラは神経を穏やかにして、眠りに誘う香りでもあるんですよ。ピュアバニラの甘いニオイを呼吸しながら、昨晩よりも元気になって朝をむかえるに違いありません。思いっきり甘やかされる気分にひたれる「バニララスト」です。ワントーン落ち着いたバニラの香りが好きなひとは、The bodyshopのオードトワレ バニラ がお薦めです。

何もしたくないときはレモンの香水

「布団から一歩も出たくない、このままじっとしていたい」落ち込むと、こんな気分になりますよね。けれども、大人女性はなかなかそうもいきません。仕方なしに起きあがる、憂鬱な一日のはじまりを助けてくれるのが、レモンの香りです。

アロマコロジーによると、起きぬけにシトラス系の香りを嗅ぐのは大正解です。レモンの成分リモネンの匂いを嗅ぐと、交換神経を活性化させ脳内にアルファー波がでることが分かっています。レモンの香りは気持ちがはずまない朝の気分をスッキリさせ、知らず知らずに明るくしてくれるんです。

レモニーレモン

Lemony lemon

天然のレモン精油をふんだんに配合したレモニーレモンは、レモンそのものです。ナイフで輪切りにしたレモンの果実から飛び出してくるフレッシュな香り。

レモニーレモンのもうひとつの特徴は、香りが続く時間が30分程度と短いことです。起きぬけにレモンのシャワーをたっぷり浴びても、電車の中で周りのひとに迷惑がかかりません。
レモンの香りは交感神経を刺激して、気持ちを立て直す効果があります。夜ねるまえに付けてしまうと、覚醒されて寝つけなくなるので、夜はバニラやジャスミンやラベンダーと一緒にねむり、レモンなどのシトラス系は朝に活用するのがいいですね。
生きていれば誰しも、悲しいことや辛いことに直面します。泣きべそをかきながら「もう駄目だ」と思ったら、心の声で「だいじょうぶ」と打ち消していきましょう。
何も考える必要はありません。駄目だと思ったら、だいじょうぶと語りかける、そんな小さな習慣の積み重ねが、あなたを大きく変えていきます。