カラダも臭いも食事が作る
 

毎日モリモリ食べてしまうと、体臭をキツクしてしまう食物があります。
美味しいからついつい食べちゃう気持ちはわかりますが、臭い美人を目指すあなたには、控えめにしてほしい食物を紹介します。ちょっぴり我慢するだけで次に食べるときの美味しさが倍増する、一挙両得実践法です。

ステーキや焼肉はほどほどに
肉類は消化に時間がかかる食品です。腸内にゆっくりとどまって分解される際に、硫化水素、アンモニア、アミンなどの強烈な腐敗毒素をたくさん発生させるのが、頭の痛いところです。臭い毒素は血液に乗って身体を駆け巡り、汗腺や口中から外へ出てあなたの周囲にモワ~ンとした異臭を放ちます。おまけに肉に含まれる脂質が汗腺を刺激し、汗を多くかきます。これが臭いの発散に拍車をかけ、たちまち体臭がキツイ人になってしまうのです。

唐揚げやフライドポテトも危険がいっぱい
居酒屋定番メニューの王者、唐揚げやフライドポテトを筆頭とする揚げ物も用心が必要です。揚げ油に含まれる大量のトランス脂肪酸は、酸化すると体臭の元凶ノネナールに変貌します。加齢臭を語るときに必ず顔を出すノネナールという物質は、汗と交じるとキョーレツな臭いを発します。若いギャルをもオヤジ臭で包んでしまうノネナールを寄せつけないためには、揚げたてを食べることと、食べすぎないことが大切です。

身体によさげなタマネギ・にんにく・ニラも臭いは強力
これら野菜に含まれるアリシンは、疲れた身体をシャキッとさせ、病原菌はやっつけるわ、血行をよくして代謝もアップさせるし、ガン予防機能まで備えたありがたい物質です。だけど臭い・・・体内で分解されたアリシンは鼻が曲がりそうなニオイ物質に変わり、血液に運ばれながら皮膚の穴や呼気から悪臭をまき散らすのです。

意外や意外、爽やか野菜だって臭うんです
ベトベトこってり系の食物だけが、体臭の原因ではありません。爽やかで健康的なイメージの野菜が、匂いの敵となることもあります。意識したいのはブロッコリーやキャベツ、白菜などのアブラナ科の野菜です。これらの野菜は硫黄混合物を多く含んでいます。大量に食べると腸内に硫黄臭のガスが溜まり、いつものように血液と旅をして汗に混じって放たれます。食べ過ぎると、「歩く草津温泉」みたいな人になってしまいます。

ガッツリ酒も要注意
ワイワイ盛り上がってのむお酒も、しんみり傾けるグラス酒も、量がかさめば体臭を悪化させます。
通勤電車の中でどこからか漂う酒臭いにおいは、昨晩飲みすぎた人の体内でアルコールが分解されたときに発生するアセトアルデヒド派と酢酸が犯人です。肝臓の分解作業が追いつかないほどたくさん飲むと、血液に流れ込んだこれらの成分が肺から吐息へ汗腺から汗にまじり、車中をスメハラスポットにしてしまっています。アルコールは血行を良くするし、気分転換にも最高です。だけど飲みすぎると、あなたは臭くなります。控えめに、そして肝臓の分解作業を助けるウコンドリンクや、おつまみを食べながら楽しみましょう。