ご馳走の主役はカニ

蟹には、ごちそうの主役にふさわしい華と風格があります。たんぱく質から分離したアスタキサンチンが鮮やかに赤く発色し、食卓に注がれる視線を独占するほど美味しそうです。

アスタキサンチンが豊富な食材はヘルシーですが、ややインパクト不足。でも、蟹ならどんな料理にも引けをとらないばかりか、幸福感と期待感、旨さもすべて格上です。喜ぶ顔がみたいとき、クリスマスやお正月のご馳走に選ぶ食材は、カニで決まりですね。


アスタキサンチンで蟹を選ぶなら 

赤い魔法と呼ばれるアスタキサンチンは、ひとつひとつの細胞をつらぬいて、全体を酸化から守ってくれる頼もしい戦士です。

あなたの家の女性たちのお肌が、揃ってプルンプルンでタルミひとつ無く、小じわやシミとも無縁。男性陣のお腹はぺったんこで健康診断はオールAで通過。どんなに気温があがろうが何を食べようが、カラダから変な臭いを発するひとなどいない。
みんな毎日定時であがり、肉体疲労も眼精疲労もまったくないご家庭というのなら、ご馳走は脂のしたたり落ちるステーキがよさそうですねと言われることでしょう。けれどもいくつか引っかかる点があれば、カニの方が家族のカラダや生活にはずっと優しいのです。

種類別に見るアスタキサンチン含有量

種類 含有量(mg)/100g
毛ガニ 1.1
花咲ガニ 1.0
タラバガニ 0.8
ずわいガニ 0.5
こんな結果がでました。アスタキサンチンの量では、毛ガニがトップです。書いている者が言及するのもなんですが、蟹選びに、アスタキサンチンの量ってそこまで大切でしょうか?(笑
ここで、毛ガニに決めた!と決断するのは、ちょっとクレイジーな気がします。カニ一杯の値段は数千円と値がはるのです。家族がよろこぶ顔を思い浮かべながら、美味しいカニを選ぶことこそ、王道ではないでしょうか。

北海道民が絶賛する、いちばん美味しいカニとは

学生時代の友人に電話して、一番おいしいカニ情報を教えてちゃんしてみました。友達かよ・・とがっかりして頂く必要はありません。彼女の実家は、北海道の留萌でカニカゴ漁を営んでいます。海から引きあげた蟹を処理する工程で、ゴム長姿でキビキビ働いていた玄人です。

カニの本場・北海道で、幼い頃から蟹にまみれて生きてきたエキスパートが、一番美味しいと讃えるカニの王者はこちらです。

黄金毛ガニを食べずして蟹を語るな

噴火湾のカニ

黄金毛ガニとは、北海道の噴火湾だけでとれる毛ガニです。ゆであがりの姿が黄金に輝いているように見えることから、その名があります。

金沢で運がよければ食せる、黄金ガニという蟹がいます。世界最高峰の味とされ、めったに獲れないので、ジモティでも食べたことがない人が多いです。その幻の黄金ガニより、黄金毛ガニの方が味は格上という食通もいます。
  • プリっと歯ごたえのあるかに身
  • 繊維がたつほどキメが細かい肉
  • 噴火湾のカニにしかない独特の甘み
  • やわらかく黄色い濃厚な蟹味噌

黄金毛ガニはなぜ美味しいのか

噴火湾は北海道の首のあたり、つかんだら折れそうな細い首の東にある湾の俗称です。この地方は火山や温泉が多いことから、噴火湾にはミネラル分を大量に含んだ水がそそぎこみます。

噴火湾の海水は、ほかの海域とは比べものにならないほど栄養で満たされ、漁獲量も制限されています。ここで生まれた毛ガニは、滋養たっぷりの環境で甘やかされて育ちます。
この環境だからこそ、カニ身がたっぷり甘みも乗ってグルメ垂涎の味ができあがります。

黄金ガニの値段は高いのか

噴火湾のカニは、漁獲量を厳しく制限されています。漁が許されるのは年間わずか30日くらいです。メスを獲るのは禁止だし、オスも8センチ以下は海にかえす決まりです。蟹はオスの方が美味しいので、メスが届かないのは安心です。

通販にはほとんど出まわらず、本州の高級料亭やレストランがかっさらって行きます。アマゾンで見かけましたがすでに売り切れです。なぜなら、黄金毛ガニの漁が許されるのは、夏のはじめのほんの短い間だけだからです。
希少な黄金毛ガニです。さぞかし値がはると思いきや、さほど高くはないんですよ。ウソだと思うなら、噴火湾をのぞむ長万部で水揚げされた黄金毛ガニを商う。「美食市」さんで、価格をチェックしてみましょう

浜茹で急速冷凍プラスひと手間で、味を落とさない

届けられるカニは、解凍しても水っぽくならない工夫がされています。ピチピチのカニを冷水で綺麗にあらったあと、海水でササッと茹であげます。ここまで1時間とかかりません。

釜からあげて真水ですすぎ、冷凍前に塩水でしっかり締めます。こうしておけば解凍後に水っぽくなることはありません。
あなたの家に届いたら、冷蔵庫のなかで一日か一日半かけて自然解凍します。
黄金毛ガニは、甲羅が下になるようにひっくり返して解凍します。極上といわれる蟹ミソを、漏れ出させない配慮です。家族の食卓に、またお世話になったひとに送りたい絶品のカニですよ。
素晴らしいことに、北海道長万部産 産地直送の毛ガニ販売【美食市】 
さんには、まだ在庫があります。残り少なめですけどね。