皮脂が出すぎると臭い 
中年男性から放たれるミドル脂臭は、嗅覚をえぐるような破壊力です。いっぽう女性が発するミドル脂臭は、少し様子がちがいます。

「生臭さとアブラ臭さのコラボ+ミドル脂臭のスパイス」という表現がしっくり来るかんじ。その女性は、入浴やシャワーをサボりがちか湯シャン派だと思ってましたが、会話から漏れでる情報は両方を否定。顔のテカリから察するに、皮脂の過剰分泌に原因がありそうです。





皮脂を減らす

カラダの中から減らすことが大切

女性のミドル臭も頭のあたりから臭うので、スカルプシャンプーは有効です。けれども、次から次にでてくる皮脂を洗浄だけで迎撃しても、効果はしれています。
テカリや髪のベタつき、大人ニキビが気になる女性は、30代になると臭いだす予備軍です。「お風呂はいってないんだな・・」なんて思われるまえに、皮脂の過剰分泌をおさえる臭活をはじめましょう。

スイーツ・動物性脂肪・ジャンクフードは控えめ

テカリやベトつきが気になるときは、甘いスイーツのバカ食い、ジャンクフード、焼肉などの動物脂肪こってり食品を今より減らすだけで変わります。
または外食先で、ついついラーメンやパスタをえらぶ癖もベトベトを助長する習慣です。ついでにお酒やタバコなど、生活にしみついた習慣も見直すと満点です。
かわりに、カラダからでる脂を減らすものをシッカリ食べる。意志さえあれば、とっても簡単にできる臭活です。

これを食べれば皮脂は減る

皮脂分泌をおさえる食べもの
主食にはレバーやうなぎ、サバやイワシ・さんまなどの青魚に、かつおやマグロを選びましょう。これらの食品に共通するのは、脂肪の代謝を高める作用です。魚が苦手なひとは、脂肪の少ない鶏肉がオススメです。
副菜はビタミンエースと呼ばれるビタミンACEで固めます。ほれんそうや人参、パプリカなど彩りがきれいな緑黄色野菜や、柑橘類を口にいれれば、間違いはありません。ネバって不思議な味がするモロヘイヤは、ビタミンの優等生。味に抵抗のないひとは、積極的に食べるといいことがありますよ。
カイワレをサラダにまぜるのが好きな人は、ブロッコリースプラウトへチェンジ。値段ははカイワレの倍で100円くらいしますが、活躍は倍以上です。ビタミンCやEの宝庫であるだけでなく、活性酸素を封じ込めるスルフォラファンが飛び抜けて多く、肝臓の働きをアップさせるので、臭うひとにはベストマッチの食品なのです。
もう一品は食物繊維に重点をおきましょう。豆類やきのこ、ひじき、蓮根や大根、ごぼうなどの根菜も活用して、煮物のおかずがよさそうです。食物繊維は生の野菜やキノコより、乾物におおく含まれています。切り干し大根や乾燥キノコを水でもどして使うと、腸と肝臓にやさしい模範メニューの出来あがりです。

クエン酸で臭い予防

食生活を変えると、効果は10日から2週間であらわれるといいます。皮脂の過剰分泌を放っておくと、皮脂腺が大きくなったままになり、常態化してしまうと言われます。アブラ臭さに鼻を刺すようなミドル脂臭がまじる女性は、クエン酸もお忘れなく。
レモンやみかんグレープフルーツだけでなく、キウィや梅干し、お酢でとるのもOKです。クエン酸は、ミドル脂臭のもとになる乳酸をおさえてくれるのです。カラダのなかで実践する臭活は、余分なてまやお金がかかりません。おまけにキレイもついてくるから、一石二鳥ですね。
カラダにたっぷり脂肪をたくわえているひとは、なかなか皮脂の分泌は減りません。そんなときは、出ちゃった皮脂の酸化をおさえるとニオイが減ります。これにはモリンガが一番です。モリンガってなに?という女性は、下の記事を参考にされてくださいね。

美魔女も愛用「モリンガ」のアンチエイジングの効能とは